データリカバリーサービスとは、何らかの障害により破壊された、コンピュータおよびさまざまな電子機器に
使用されている記憶装置や媒体に保存されているデータの救出、回収、修復などの復旧サービスです。

弊社取り扱い製品では外付けHDDケースなどといったアクセサリを取り扱う関係上、
お客様のお問い合わせとして、

「PCが壊れて(青い画面で動かなくなったなど)緊急で、外付けHDDケースでデータを抜き出したい
のですが可能ですか?」

という内容や

「HDDが壊れている場合、どうやってデータを取り出したらいいのでしょうか?」

といったご質問もよく伺ったりします。
いままではご紹介のできませんでしたが、このたびデータリカバリーサービスを専門とするCBLジャパン株式会社
取次店として業務提携を行い、もしもの障害に備えたデータ復旧サービスのご案内が可能となりました。


カナダで設立され、北米はもちろんEU、アジア各国と世界各地に拠点を設け、10年以上にわたり、
データリカバリーを専門とする
CBL DATA RECOVERY TECHNOLOGIES INC(www.cbltech.com)の日本法人です。

CBLグループのデータリカバリーチームは、
これまでさまざまな原因で読み出せなくなった
あらゆる記録メディアを、
(ハードディスク、RAIDシステム、カートリッジテープなど)
あらゆるオペレーティングシステム、
あらゆるシチュエーションにおいて
データ回復を行った数多くのデータ復旧実績を
誇るエキスパート集団です。

CBLのデータ復旧サービスは、
多くのハードディスクメーカー様、
コンピュータメーカー様、メディアメーカー様より、
メディア保証期限の継続を約束されており、
ウエスタンデジタル・東芝・富士通・
Maxtor・Apacer・HP等の、
主要ハードウェアメーカー様より
正規認定パートナー企業として推薦されています。


 CBLジャパンのWebサイトはこちら




CBLジャパンの初期診断料は「ノーデータ・ノーチャージ」の完全成功報酬型の復旧サービスとなります。
つまり、データが復旧できるかどうかを判断するまでの初期診断は無料となります。

お申し込みをされる前に、お手数ではありますがCBLジャパンの初期診断契約書をご確認ください。

 初期診断契約書(docファイル) お手持ちのWordもしくはワードパットで閲覧してください。

また、弊社はCBLジャパンのサービスの取次ぎを行うもので
弊社製品で提供される保証・サービスとは一切関係はございません。
あらかじめご了承ください。


上記内容にご同意いただきましたら、下記の二通りのどちらかの方法でお申し込みください。

・事前に弊社サポートにご連絡いただき、下記リンクの書式をダウンロードしていただき
 必要事項を記入して、 修理したい製品と書類を弊社サポート宛にお届けいただく方法。


ダウンロード
 初期診断申込書および契約合意書、初期診断契約書(docファイル)

 データリカバリーサービス依頼表(docファイル)



e-mail
support@scythe.co.jp
電話番号
047-320-6202
受付時間 平日(月曜日〜金曜日) 10:00〜19:00
  ※土曜日、日曜日、祝日はお休みとなります。
所在地 <市川事務所>
〒272-0004
千葉県 市川市 原木3028 バンテック原木第一物流センター 2F


・Webベースでのお申し込み方法
 下記リンクよりCBLジャパンのページで必要事項を記入して送信していただき、CBLジャパンの
 アナウンスに従って修理の依頼をします。
 CBLジャパンとの直接とのやり取りとなるので、こちらの申し込み方法が早い場合がございます。

 データ復旧サービスのご依頼フォーム

※ご注意※
・お申し込みいただく場合は修理したい製品を発送しなければなりませんが 
 修理したい製品の大半は精密機器となりますので、衝撃などに非常に弱いものとなります。
 そのため、発送の際はかならず修理したい製品を厳重に梱包してください。
 輸送中の事故による破損などは保証できませんのでご注意ください。

・料金のお見積もりは初期診断後でなければ、出すことができません。
 データ内部が破損している、HDD本体の物理的な破損、構成システム等々と
 障害内容の違いにより、料金が異なり、診断を行わなければ、具体的なお見積もりが
 できないためです。


TOP>データ復旧サービスの紹介